グローバルスポールアライアンス(GSA) | NPO Global Sports Alliance
G-ForSE | Global Forum for Sports and the Environment | スポーツと環境の世界フォーラム
2016.03.24 Thursday 13:35

サーフィンが環境へ与える影響〜サーフボードについて〜




カーボンフットプリントは、製品の製造過程で作り出される温室効果ガスおよび環境への影響を理解するためのプロセスです。
製品が作り出され処分されるまで、つまり「ゆりかごから墓場」に至るまでの温室効果ガスが測定されます。サーフボードの製造過程と製品のライフサイクルを知ることで、このカーボンフットプリントのプロセスをサーフボードへ適用することができます。
 


<サーフボードの一生>
i)原材料の抽出
レジン(樹脂)とフィンを作るために使用される石油は、地中からドリルで掘り出され、ストリンガー(→サーフボード中心に使われる補強材)用の木材は伐採されます。
ii)加工
石油をプラスチックに変えるにはエネルギーや他の資源を必要とします。木材は樹皮をはぎとり、ストリンガーやレール用に細長い形状に切る必要があり、これにもエネルギーを必要とします。
iii) 製造
化学成分が作られるとフォーム(→発泡ポリウレタン、発泡ポリスチレンなど)を製造することが可能になりますが、ここでもさらに多くのエネルギーと消耗品が必要とされます。
iv) 輸送
原材料、加工化学薬品、あるいは製造された製品は輸送されなければならず、二酸化炭素を作り出します。
v) シェイピング(成形)
サーフボードの各部材がシェイパーに届いてから完成品を作るために、さらに多くのエネルギーと消耗品が使われます。
vi) 修理およびメンテナンス
サーフボードは傷がつくので修理とフィンプラグの交換あるいは新しいフィンの購入が必要となったりし、これによりさらに二酸化炭素排出による負荷が増します。
vii) 処分
ほとんどのサーファーはなるべく長くサーフボードを持っていようとする(→持たせようとする)が、最終的には使えなくなり他の目的のため(例えばバーの壁飾りにしたり埋立地送りになったり)リサイクルする必要が生じます。

 
新品サーフボードの年間の生産量は約750,000枚であり、おおよそ220,000トンのCO2e(二酸化炭素換算排出量)を作り出します。
サーファー達の間で環境に配慮した行動を取ろうとする傾向は、サーフパンツやウエットスーツの選び方にも表れていまる。サーファーらは環境にやさしい商品を求めています。こういった要望から多くの会社が自社製品はエコであると主張してはいるものの、正確なカーボンフットプリント値(二酸化炭素排出量)を宣伝することはありません。このため消費者は(購入にあたっての)選択肢を比較するのが難しい状況です。例えば、エポキシ製のサーフボードは、同じ形状のポリエステルを主材料とするレジン製サーフボードよりも大きなカーボンフットプリント値をもっています。 

このような状況でも、シェイパーやサーファーがサーフボードのカーボンフットプリント値を削減する方法がいくつかあります。
<サーファーに出来ること>
1)頑丈なボードを注文する。自分が乗る波の種類と自分の体重を支えるのに十分なファイバーガラス(→ガラスクロスなど)の層があるようにする。
2)フィンプラグを増やす。二つだけでなく、自分のボードがさまざまな種類の波に対応できるよう5つのフィンを選ぶようにする。
3)もしボードがへこんだ場合は直ちに修理をし、被害を小さく抑える。
4)中古のボードを買ったり交換したりし、使用されないボードの数を減らす。
5)完全に乗れなくなるまで自分のボードを乗りつくし、そのあとは何かほかのものに変えてみる。スノーサーフィンや砂丘サーフィンを試したり、修理の練習台にすることもできる。
6)自分のボードをカーボン・オフセットすることを考慮に入れることもできる。カーボン・オフセットするには、自分の生活の他の部分で発生する温室効果ガスの量を減らすことで自分のサーフボードが発生させた温室効果ガスを吸収する。
 
<シェイパーに出来ること>
1) 自身が製作するサーフボードを強くするためにデッキ・チャンネルを使い、長持ちさせる。
2) 植物由来のレジン、リサイクル・フォーム(発泡素材)、バイオプラスチックを主原料とするフィンプラグなどのサステイナブルな(環境に配慮した)代替品を使用する。植物が主原料のポリエステル・レジンを使うことで最大年間73,000トンのCO2を出さずにすむ。
3) 太陽光パネルや風力タービンなどの再生可能エネルギーの自家発電を利用する。
 
〜結論〜
自分のサーフボードが排出する温室効果ガスの量を削減するのは実際かなり簡単だが、好ましい環境変動をもたらすためにはシェイパーとサーファー双方の協力が欠かせない。
しかし、私たち全員が一体となって取り組めばサーフィンの二酸化炭素排出による環境への負荷を減らすことが可能であり、ほかのスポーツへの良い模範を示すことができるのだ。
 
Rick Lomax BSc Hons and AIEMA

(訳:内匠屋映子)

 

 
ARCHIVE
ABOUT G-ForSE
PARTNERS
LATEST NEWS
PROFILE
SEARCH
MOBILE
TOOLS

copyright 2010 G-ForSE.