グローバルスポールアライアンス(GSA) | NPO Global Sports Alliance
G-ForSE | Global Forum for Sports and the Environment | スポーツと環境の世界フォーラム
2014.05.13 Tuesday 09:56

スポーツが地球温暖化を止める

2014年4月21日 –悪化した生活環境を子孫に残す世代に私はなりたくありません。私達がすでに認識している通り、かつてない勢いで地球温暖化が生活を脅かしています。極氷冠や氷河は溶け続け、異常な勢いで海の水位が上昇しています。
常軌を逸した異常気象が何度起これば、人々は目をさまし、脅威に気づくのでしょうか?
植物や動物は、私たちの食べ物や酸素供給を脅かすような行動を始めています。
将来の水をめぐる争いや資源不足は、足音を立てず不気味にやってくるのです。

現在の人口、数十億人を地球は支えることができず、今後も人口は急激に増えます。地球自体は脅威にさらされていません。数十億年ある地球の歴史の中で、私達人間は生き残ることのない種の1つでしょう。

こういった発言は、人騒がせで大げさすぎるでしょうか?物事を客観的に考える科学者はそうは思いません。スポーツが持つ絶大な人気とメッセージ性は、この恐ろしいトレンドを緩め、別の方向へ転換することができます。

私たちは水、風、地表、リサイクル、太陽光といったサステイナブルなテクノロジーを融合しました。これら技術は高校、大学やプロ用のスタジアム、アリーナ、練習場でも利用できます。ゴルフ・コースでも利用価値があります。すべての施設を組み合わせることで、相当量の不動産を作ることが可能です。

マイル・ハイ・スタジアムのインベスコ・フィールドのようなスタジアムはエコ志向でサステイナブルなエネルギー供給が可能です。 (Photo credit: compujeramey)
これら特徴を持った競技用施設は実際に十分なエネルギーを生成していて、過剰分は売ることができるほどです。グリーン・アライアンス運動のゴールは二酸化炭素とエネルギーコストを減らし、競技用の施設を教育プラットフォームに変えることです。数億のファンが水を使わないトイレやソーラーパネルを見て、自宅や会社に設置する方法を考えるのです。「グリーン」を銘打った権利や後援も考えられます。

環境にやさしいコンテンツ – 例えば、土曜朝のアニメ番組で環境のために戦うスーパーヒーロー、漫画本、PSAやパンフレットなどを作ることが可能です。環境に配慮する姿勢を見せるため、スポーツこそがリーダーになるべきなのです。

この活動はまだ始まったばかりです。NFLは環境プログラムのディレクターにジャック・グローを任命しています。彼はカーボンニュートラルなスーパーボウルを目指しています。
グリーン・スポーツ・アライアンスでは、“気付き”のための大小様々なプロジェクトを企画しました。フィラデルフィア・イーグルスのオーナー、ジェフリー・ルーリーはスタジアムや系列店をグリーンにするため尽力しています。大学やプロのスタジアム、アリーナではエネルギー節約の設備もあります。スコッツデール庭園ではスーパーボウルパーティーを開催しました。グリーンカーペットで始まり、エネルギー節約、リサイクルの設備が整っていました。アリゾナ州知事ジャネット・ナポリターノと私は、絶滅危惧種の鷹を自然に帰しました。

多くの人は小言や説教に耳を傾けません。スポーツこそが分かりやすく、力強いメッセージを伝えるための重要な役割を担うのです。責任を持って見届けましょう。行動を起こすのは今です。

参考サイト
Forbes(英語)

(訳:内藤 由子)

 
ARCHIVE
ABOUT G-ForSE
PARTNERS
LATEST NEWS
PROFILE
SEARCH
MOBILE
TOOLS

copyright 2010 G-ForSE.