グローバルスポールアライアンス(GSA) | NPO Global Sports Alliance
G-ForSE | Global Forum for Sports and the Environment | スポーツと環境の世界フォーラム
2013.11.06 Wednesday 14:45

ベル・センターがエネルギー効率の良い照明へ前進

2013年10月16日-- New York Times の最新版のビジネスコーナーで、北米地域にあるスポーツ施設の照明に関する前向きな取り組みについて掲載がされました。数ある施設の中、モントリオールにあるベル・センターが注目され、ケン・ベルソン氏の記事によると、当施設にエネルギー効率の良い照明を設置することにより、プロ、大学のチームがコストだけではなく、環境に対する影響を削減することが可能になるとのことです。
NHLモントリオールのカナディアンのホームでもある、ベル・センター施設内の高輝度放電照明すべてがLEDに変換されました。1ワット毎で3倍の照明を発電することが可能になり、年間で部品や労働力を含め、12万5000ドルの削減が可能となります。施設の運営の責任者、アラン・ゴーチェ氏によると、今回の投資は2年で回収が可能です。今回の改良に関して「フロントランナーとして業界をリードしたいと考えているのです。」と話します。

初期費用がかかるということから、すべてのスポーツ施設がこのようなエネルギー効率の良い照明に対して取り組んでいるわけではありません。ケンタッキー州のルイスビル大学バスケットチームのホームである、KFCヤムセンターの運営ディレクター、ショーン・ランガー氏はこう話します。「長期的な削減にはつながることは確実ですが、投資に対する利益を見ていかなくてはいけません。7-10年という期間は上司にとって受け入れ堅いのです。」
各スポーツリーグは、選手、審判や報道関係者からの意見を集め、LEDについて研究を続けていきます。照明の専門家によると、価格が下がっていくことからも、今後LEDの利用が拡大していくことは確実です。

参考サイト
Centre Bell(英語)

(訳:鷲頭 元子)

 
ARCHIVE
ABOUT G-ForSE
PARTNERS
LATEST NEWS
PROFILE
SEARCH
MOBILE
TOOLS

copyright 2010 G-ForSE.