グローバルスポールアライアンス(GSA) | NPO Global Sports Alliance
G-ForSE | Global Forum for Sports and the Environment | スポーツと環境の世界フォーラム
2013.04.18 Thursday 09:43

ザ・ナショナル - オーストラリア初のGEO認定™

2012年3月3日 – 多くのオーストラリアのゴルフコースでは環境に対して責任ある行動を取っており、コミュニティにも大きく貢献しているが、ビクトリア州メルボルン近郊のナショナルゴルフクラブは、クラブの持続可能性への献身ぶりと功績を認められ、ゴルフの国際的なエコ・マークであるGEO認定™を獲得しました。
ザ・ナショナルにあり、注目され高く評価されている3つのコースは、並外れた自然の美しさと環境的にも文化的にも価値が高いエリアを形成しているモーニングトン半島に位置しています。この背景に反してナショナル・ゴルフ・クラブは資源を効果的に活用することにおいて大変先進的であり、生物多様性の保護に貢献し、先住民との歴史的関わりが強いこの場所を細心の注意を払いながら管理しています。

高名なクラブのジェネラルマネージャーであるJon Gahanは言っています。「ナショナル・ゴルフ・クラブはゴルフクラブとしてオーストラリアで最初にGEO認定™を受けることに大変感激しています。地元の環境とコミュニティーと調和しながらの我々の献身とメンバーやビジターのゴルフ体験の品質を最高のものにするための仕事が認められて、このような名誉ある認定を授与されたものと思っております。」

ザ・ナショナルにて進行中の持続可能性の例として以下が挙げられます:

• 灌漑と芝生管理への投資により水の使用を35%削減する
• リサイクルした廃水を灌漑用水の氾濫のための貯水地に廻す
• 専任の低木管理チームとその土地で採取された種を使用する地元の種苗業者を設置する
• 原産の草や低木を15ヘクタール以上の土地で追加して植生する
• 歴史的文化的に重要な場所の管理を考古学調査に沿って行う
• LEDを使ったワット数の低い電球に置き換え、クラブハウスの照明による消費を90%以上減少させた
• 施設への投資と有害な物質に関わるリスクを減らすトレーニングを行う

実際のサイトの評価を行う、GEO認定を受けている独立認証担当者であるPaul Mogfordは、「国内でもトップレベル且つ大きなゴルフ施設の一つとして、ナショナル・ゴルフ・クラブがオーストラリアで最初のGEO認定™を受けるクラブに相応しいです。このクラブはよく機能していますし、いくつもの点でゴルフにおける持続可能性のアジェンダに勝るものがあり、継続的に向上することを目指す姿勢はクラブの中心となるマネジメントアプローチの一つだといえます。」と述べました。

「多くのオーストラリアのクラブのように、彼らの用水管理は大変進化しており、技術や持続可能な芝生管理の実行、ゴルファーの教育によって過去3年間で用水の使用を35%減らすことができています。」

ナショナル・ゴルフ・クラブは無料でオンラインのOnCourse™持続可能ゴルフサポートプログラムに署名し、GEO 認定™ を受けた(golfenvironment.org/oncourse)。プログラム内容を基に、ゴルフの6つの主要な持続可能性アクション領域、即ち、水、自然、エネルギー、サプライチェーン、コミュニティ、そして公害コントロールに対して管理を実施し、実績を残し更に改良を加えました。それから、再認定前の3年間についてのクラブの実務改善に関する見解を提供する役割もある第三者の認証担当者の訪問を通して、クラブの実績や将来の計画についてGEO認定条件に対して評価されました。

参考サイト
Golf Environment(英語)

(訳:小林 美雪)

 
ARCHIVE
ABOUT G-ForSE
PARTNERS
LATEST NEWS
PROFILE
SEARCH
MOBILE
TOOLS

copyright 2010 G-ForSE.