グローバルスポールアライアンス(GSA) | NPO Global Sports Alliance
G-ForSE | Global Forum for Sports and the Environment | スポーツと環境の世界フォーラム
2012.06.26 Tuesday 14:14

アメリカの陸上競技ユニフォーム機能性と持続可能性を融合

2012年6月14日--今年の夏、アメリカの陸上競技チームは画期的なアイディアで一歩優位に立ちます。ナイキはアスリートたちのスピードを最大限にするという目的の元、スウィフト・アパレル・プロジェクトを進めてきました。1000時間に及ぶ風洞テスト、世界でも有数のスピードを誇るアスリートたちの意見を参考に作られた、ナイキ・プロ・ターボ・スピード・コレクションはスピードを出すという点に長けたアパレルというだけではなく、同時に最も持続可能でもあります。
ナイキ・グローバル・オリンピック・クリエイティブ・ディレクター、マーティン・ロッティ氏は次のように述べました。「我々の最重要課題は最も軽量なデザインを作り出すことであり、アスリートたちがより速くなるよう、今回、様々な革新的アイディアを採用しました。そして、アメリカの陸上競技チームたちの個性を象徴する、近代的なグラフィックや大胆な色を取り入れました。また、一枚一枚全ての製品にリサイクルされたプラスティック・ボトルが使用されており、それがさらに大きな意味をもたらしています。」

「空気動力学」ゴルフボールの表面のでこぼこは、ボールが速く飛ぶようにほどこされているものであり、ナイキは同様の考え方からアスリートにかかる抵抗の軽減に試みました。

「無駄を最小限に」抵抗を減らすことに焦点を当て、プロジェクト・スウィフトは新技術を取り入れ、ナイキ・プロ・ターボスピードの表面を出来るだけスムーズに、そして、抵抗を生み出さないようにしました。

「ナイキ・プロ・ターボスピードは最速」風洞テストデータによると、以前のナイキ陸上用ユニフォームに比べ、100メートル、0.023秒早い結果がでました。

「環境持続可能性」ナイキ・プロ・ターボスピードは持続可能性と、結果を出すというナイキの信念が反映されています。ナイキ・プロ・ターボスピードは、一着平均82%が13のプラスティック・ボトルからリサイクルされたポリエステルで作られています。

「良質軽量でかつ機能的」長距離、短距離、陸上競技それぞれに合った特別な製品が開発され、戦略的に配色された大胆な色によって、視覚的に動きを捉えることができます。

参考サイト
Nike(英語)

(訳:鷲頭 元子)

 
ARCHIVE
ABOUT G-ForSE
PARTNERS
LATEST NEWS
PROFILE
SEARCH
MOBILE
TOOLS

copyright 2010 G-ForSE.